小児眼科

当院では、生まれたばかりの赤ちゃんの、目やにのご相談から、中高生のコンタクトレンズの使用にいたるまで、さまざまなご相談にのっています。
お子さまの弱視、斜視、近視、遠視、乱視などの治療や健診を行っています。

小児の視力相談

ゲームの影響でしょうか、眼鏡をかける子供たちが増えています。視力訓練も行っています。
訓練により視力が改善する場合がありますので、ご相談ください。

弱視、斜視

弱視とは、何らかの理由で視覚中枢が発達できず、網膜にきちんと像を結ぶことができないために視力が落ちている状態です。
一方、斜視は、名前の通り、眼球が正常でない方向を向いている状態で、斜視が原因で弱視になる場合もあります。

専門的な検査で、早く見つけてあげて、早く治療を行わないと、その子の一生に影を落としてしまうことにもなりかねません。
早めの検診、治療がとても大切です。

ご相談はお気軽に

眼のことでお悩みでしたら、狭山市入間川にある齋藤眼科医院まで、
まずはお気軽にお問い合わせください。

tel_bottom.png